一般財団法人日本情報経済社会推進協会(法人番号:1010405009403)
(法人番号:1010405009403)

サイバー法人台帳ROBINSとは|JIPDEC



安心マーク(本物メールの見える化)

安心マークは、ニフティやヤフーのWebメールにおいてDKIM(DomainKeys Identified Mail)(作成者署名)による送受信でのメール改ざん防止技術と、ROBINSの情報とを組合せることでメール送信者(組織)を特定して、表示されます。これにより、受信者が「正しいメール」であることがわかりやすくなります。

ROBINSは、政党、法人、団体、個人事業者について、名称、メールドメインなどのオフィシャルな情報を提供しています。


安心マーク紹介動画

安心マークご紹介ムービー


※リンク先をクリックすると、新しいウィンドウが開きます。

現状のメール環境

従来のメールマガジンは、送信元のメールアドレスが偽装されていないことを保証できますが、発信者が確かに実在するかや信用に足るかなどの安全性の判断は受信者側に依存していました。

安心マーク

受信者は、政党や銀行からの正しい電子メールを受信した場合にのみ「安心マーク」や「このメールは○○党より送信されています」、「このメールは○○□□社より送信されています」といった案内文が表示されるため、「なりすましメール」を誤って閲覧するなどの被害を未然に防ぎやすくなります。

安心マークはJIPDECの定める基準に適合する政党、金融機関、自治体等に限りご利用いただけます。詳しくは、ROBINS 情報確認ポリシーガイドライン 企業・団体等・個人事業主統合版 別紙 (PDF)の「ROBINS活用サービスの提供」の章をご参照ください。

DKIMとROBINSとの連携で

DKIM(DomainKeys Identified Mail)(作成者署名)による送受信でのメール改ざん防止技術と、ROBINSの情報とを組合せることでメール送信者(組織)を特定して、なりすましメールの判別のサポートをします。
なお、DKIM作成者署名による配信を行う場合は、メール作成者ドメインを収容しているDNSサーバに設定が必要となります。

DKIMとは

DKIM とは DomainKeys Identified Mail の略で、受信した電子メールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを調べることができる電子署名方式の送信ドメイン認証技術です。

DKIMに対応するには

メルマガのDKIM対応は次のような方法が考えられます。
1.メール配信事業者によるメールシステムの利用
2.DKIM署名を外部委託(SMTPリレー)
3.既存メールシステムのDKIM処理機能の追加

お問い合わせ

安心マーク、DKIM、ROBINSに関してご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
TEL.03-5860-7562 FAX.03-5573-0561

(受付時間)
○営業日 :月~金(土・日・祝日及び年末年始を除く)
○受付時間:9:30~17:15(※12:00~13:00は除く)
お問い合せ

サービスへ戻る

このページの先頭へ

ROBINSインタビュー
パンフレット
ROBINSシール

ROBINSシール

※ROBINSシールとは
本物のホームページである証です。クリックすると、その内容を表示します。

MCCIシール

MCCIシール

※MCCIシール(ブランドシール)とは
このMCCIシールをクリックすることで松本商工会議所の会員であることがひと目でわかります。

関連情報